天草市総合トップへ

油流出事故にはご注意ください

最終更新日:
 これから本格的な施設園芸の暖房シーズンを迎えますが、県内では例年、燃油流出の事故が発生しています。
 油の流出は、環境に大きな影響を与えるとともに、河川に流出した油の回収費用は原因者の負担となるなど、農業者にとっても大きな負担となります。
 油流出事故を未然に防ぐとともに、発生した場合の被害を最小限にするために、防止対策および初動対応を再度確認しましょう。
 
 

1 油流出事故の事例

 燃油タンクから農業用ボイラーまでの配管や継ぎ目付近、水抜き弁などの劣化や破損、未使用時期の開閉弁の閉め忘れによるものが多くなっています。
また、関係機関への通報が遅れたことで、被害が拡大した事例も見られます。

油流出

 

2 油流出防止対策

(1)農業用ボイラー、燃油タンク、防油堤など、所管の消防署の指導に基づき適切に設置する。
(2)日頃から定期的に燃油タンクや配管を点検し、破損や劣化などが見られた場合は直ちに修理する。
(3)防油堤に溜まった雨水は抜いて起き、河川等の増水や強風、地震などにより燃油タンクが倒れないようにタンクを固定する。
(4)タンクから流出した油が防油堤から外へ流出しないよう、止水栓を閉めておく。
(5)長期間使用しない場合、流出防止の観点から燃料を使い切り、元栓を閉める。タンク内に燃料が残っている場合でも元栓は必ず閉める。その際     
   は、必ずボイラーのエア抜きコックを開ける(配管内の油温の上昇・膨張により配管を破損する恐れがあるため)。
(6)万が一に備えて、各種保険への加入を検討する。
 
 油の流出は、環境に大きな影響を与えるとともに、河川に流出した油の回収費用は原因者の負担となるなど、農業者にとっても大きな負担となるため、十分注意しましょう。
 
 

3 油流出発生時の初動対応

(1)流出を発見したら速やかに、所管の消防署、市役所または町役場、県広域本部(地域振興局)に連絡する。
(2)併せて、発生要因(閉め忘れなど)を確認して、すぐに流出を止められる場合は直ちに対応する。
(3)排水路、河川、圃場等に流出した場合、周辺の地下水や生活環境への影響を未然に防止するために、流出した油を早急に回収・除去する必要がある。流出した場合の事後対策は、油の種類と流出量、圃場の状態により対応が異なるため、関係機関の指示に従う。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:10047)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.