天草市総合トップへ

明徳寺の山門

最終更新日:
明徳寺の山門
 向陽山明徳寺は正保2(1645)年3月に代官鈴木重成が建立し、中華珪法が宗派を開きました。
 ここは元々天草氏の城郭である本渡城の一部にあたる所で、寺澤藩時代には郡代所が置かれたとされています。
 山門は享保2(1714)年に建てられ、天草に数少ない山門の中で年代的に最も古く、その造りが豪華なことから、天草の陽明門と言われています。両脇にある2体の木製の金剛力士像は、天草随一のもので、門扉の両脇にかけられた双聯(そうりん)からは、島原・天草一揆で混乱した天草を仏教の力で再興しようという明確な意志がうかがえます。
 また、石段登り口右手には西洋人の顔立ちをした石造りの地蔵尊が残っています。
 
■指定区分:市指定
■指定種別:建造物
■指定日:昭和33年5月1日
■地域:本渡
■所在地:本渡町本戸馬場 明徳寺境内
 
 
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:1419)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.