天草市総合トップへ

橋梁の長寿命化修繕計画

最終更新日:
橋梁の計画的な維持管理に向けて
 ■ 橋梁の長寿命化を図ります
■ 橋梁の維持管理費のコストを縮減します
■ 道路交通の安全性と信頼性を確保します
通詞大橋(五和町)
 

 

橋梁の計画的な維持管理に向けて

 

■ 背景・目的

 市が管理する橋は、平成31年2月現在で1,118橋あります。このうち、建設後50年を経過する橋の割合は約23%となっていますが、10年後には約57%、20年後には約85%と急激に増加します。

 橋の寿命は一般的に50から80年程度といわれており、今後、老朽化による修繕などが一時期に集中し、莫大な費用が必要となったり、通行規制などによる社会生活への影響が懸念されます。

 このようなことから、傷んでから修繕する「事後的な対応」から、早めに修繕して橋を長持ちさせる「予防的な対応」に転換することにより、橋の長寿命化を図り、維持管理にかかる経費縮減と交通の安全性を確保するため、『天草市橋梁長寿命化修繕計画』を策定しました。

 

■ 管理方針

橋の維持管理方針は、次の通りです。

(1)定期点検を行い橋の健全度を把握します。

(2)この点検データは、随時更新し、最新状況を把握します。

(3)点検結果をもとに効率的な修繕計画を立案します。

(4)修繕計画をもとに対策を実施します。

 また、日常的な管理としてパトロールなどを実施し、橋の良好な状態を保ちます。

 

■ 計画の効果

 平成30年度の長寿命化修繕計画では、平成26年度から平成29年度に行った橋梁定期点検の結果を基に、その中で補修検討が必要な橋(334 橋)および、橋長15m以上の橋(118橋)の計452 橋の策定を行いました。

補修を行わず老朽化した際に架替える「事後的な対応」により管理する場合と、補修しながら老朽化した際に架替える「予防的な対応」により管理する場合で比較すると、2068年までの補修費の総和(LCC※1)が183億円(事後的な対応)から76億円(予防的な対応)となり、107億円のコスト縮減(約59%減)できるという試算結果となりました。

※1.ここでいうLCC(ライフサイクルコスト)とは、橋を維持管理していくために必要となる修繕対策費用の合計を示しています。



 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:1612)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.