天草市総合トップへ

『史跡棚底城跡整備活用基本計画書』を策定しました。

最終更新日:

天草市倉岳町に残る棚底城跡は、戦国領主「天草五人衆」の上津浦(こうつうら)氏と栖本(すもと)氏により争奪が繰り返された、天草を代表する戦国城郭(じょうかく)です。八代海などの周辺海域を360度見渡せる天草最高峰の倉岳(標高682m)の麓に位置し、発掘調査によりベトナム産陶磁器や茶の湯道具等が出土するなど、海とのゆかりが深い “離島の城郭” として平成21年に国指定史跡になりました。

市では、国指定史跡である棚底城跡の整備と活用の計画を示した「史跡棚底城跡整備活用基本計画書』を策定いたしました。この計画書は、これからの史跡整備と活用事業の計画を示したもので、整備のコンセプトを「戦国時代の天草を学び、美しい海を見ることができる史跡棚底城跡を後世に伝える」と定め、天草ならではの海の視点を盛り込んだ整備を、段階的に進めていく予定です。

城跡の歴史や縄張り、発掘調査成果など基本情報を知る資料としてもご活用いただけますので、ぜひダウンロードしてご利用ください。

 

  


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3341)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.