天草市総合トップへ

 スプレー缶は「穴をあけて」出しましょう!

最終更新日:
     天草市では、スプレー缶の処分は「穴をあけて」資源物(ガス缶)に出すこととしています。
 中身が残ったままのスプレー缶を出すと、ごみ収集車やクリーンセンターで缶を圧縮した時に容器が破裂し、爆発火災などにつながります。

 ごみの出し方ひとつで大事故になる場合がありますので皆さんのご理解とご協力をお願いします。

  

チラシ2

1.中身を使い切る。

  スプレー缶は、中身が入ったままで穴をあけると爆発の恐れがあります。

 

2.缶がカラになったか確認する。

 缶を振って音を聞いてみます。

 中身が残っていると「シャカシャカ」「チャプチャプ」などの音がします。

 カラだと思っても・・・使用条件により、中身が少量残ることがあります。         

 

3.屋外などの風通しのいい場所で缶に穴をあけ、ガスを完全に抜く

 「ガス抜きキャップ」がついている製品は、説明にしたがいガスを完全に抜き、穴をあけて出してください。鎌やくぎなどで開けると危険です。簡単にガス抜きができる専用の器具を使用してください。

 

4.「ガス缶類」として「資源物」に出す。(フタはプラマーク容器包装類

 カラースプレーなど塗料の缶はリサイクルできません。穴をあけて「燃やせないごみ」に出してください。

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3450)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.