天草市総合トップへ

地域の伝統をつなぐ楠浦小学校「掘り切り唄」を披露

最終更新日:
 11月8日、楠浦小学校の6年生23人が地域の伝統芸能「楠浦の掘り切り唄」を地域の人たちに披露しました。
 楠浦村の水田は、方原川が大雨のたびに氾濫し、稲田は毎年のように濁流にのまれていました。これを何とかしようと、庄屋の宗像堅固が江戸時代末期に方原川の流れを変える下流削河工事を行いました。掘り切り唄は、この工事が完了したお祝いに村人たちが歌った唄だと伝えられています。
 児童らは、太鼓や三味線に合わせて唄を歌い、石工は木づちとのみで石を削り、女性は石を運ぶ作業のようすを踊りで表現していました。
 例年は、「楠浦フェスタ」のよびものでしたが、今年は新型コロナウイルスの影響を受けて中止。そこで、学習発表会として日曜参観日に地域の人たちに集まってもらい披露しました。
 演技を終えた児童たちは、「踊りを合わせるのが難しかったけど、練習でうまくできるようになった。本番では一番うまくできた」と喜んでいました。
 観覧した女性は、「50年前には私たちがやっていました。青年団が始めて、今は小学生が伝統を受け継いでくれている」と話していました。
 50年前(昭和44年)に、楠浦町青年団が復活させたこの郷土芸能を、今では小学校で「ふるさと研究」として授業に取り入れ、地元の保存会の指導を受けながら受け継いでいます。
 
15
10
20
のみと木づちで石を削る庄屋はみんなに号令をかけます
削った石を女性が運びます
12
4
18
地域の皆さんに披露太鼓と三味線に合わせて歌って踊ります演技した6年生全員で記念撮影

このページに関する
お問い合わせは
(ID:7609)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.