天草市総合トップへ

海の環境問題をみんなで考えた~環境シンポジウム~

最終更新日:
 8月27日、市民センターで環境シンポジウム「Amakusa protect project」(通称アマプロ)が開催されました。
 市と天草高校の共催で開催したこのイベントは、天草高校生の「天草の海を守りたい」という想いから生まれたもので、今年で2回目。長崎大学水産・環境科学総合研究科の八木光晴准教授によるオンライン講演「海の豊かさを守るために:世界の、九州のマイクロプラスチック問題」や天草高校科学部研究発表、市と共同で制作した海洋ごみ削減啓発動画上映、「天草の海洋ごみを削減するには」をテーマにしたパネルディスカッション、展示発表が行われ、市民70人が足を運びました。
 講演会では八木准教授が、地球温暖化による海への影響やマイクロプラスチックが日本近海にたくさん存在しているという現状、環境を守るために一人ひとりができることを説明し、「問題の大きさに圧倒されて無力化しない、微力だけど無力ではない」と地球環境問題とどう付き合うかを観客へ訴えました。
 科学部研究発表では、部員が天草市内や苓北町の海岸でごみの調査を行い、どのようなごみが多かったか考察を説明。どうしたらごみがなくなるかを解決案として発表しました。その後のパネルディスカッションでは、馬場市長、脱プラスチック推進協議会明瀬会長、本渡青年会議所吉田理事長、科学部OB古田さんと濱さん、科学部員が登壇。現在の海洋プラスチックごみ問題への思いや、科学部の解決案に対する意見を話し、環境問題に対する思いを深めました。
 ※今回初お披露目となった海洋ごみ削減啓発動画は、天草高校×京都芸術大学×天草市の共同で制作したもので、9月中旬に天草市公式YouTubeチャンネルで公開予定です。

2
8
9
天草高校 倉田さんの開会宣言馬場市長あいさつ馬場校長あいさつ


10
17
長崎大学八木准教授による講演海洋ごみ削減啓発動画上映科学部の発表

1
711
パネルディスカッション天草高校生が作成したSDGsについての展示本市の海洋ごみについての展示
このページに関する
お問い合わせは
(ID:9733)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.