天草市総合トップへ

有明小ガイドがおもてなし!島子フットパスツアー

最終更新日:

 

16

10月23日、有明町島子地区でまちづくり協議会主催のフットパスイベントが行われ、市内から24人が参加しました。

「フットパス」はイギリスが発祥の地で、森林や田園地帯、古い町並みなど、昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くことができる小道を言います。同協議会ではフットパスによるまちの魅力づくりに平成28年から取り組んでおり、町内7つの地区に11のコースがあります。

島子コースは、比較的なだらかな道のりで歩きやすく、山と海の豊かな風景と、歴史と文化の魅力が詰まった5キロメートルのコース。

今回、有明小学校の地域貢献活動として、有明地区では初めて小学生のガイド養成に取り組み、有志の児童5人がコース案内に挑戦しました。ガイドの皆さんはこの日のために1カ月かけて調べた資料をまとめ、発表の練習を重ねてきました。

 

午前9時、開会式を終えて旧島子小学校を出発。1カ所目のポイント、大きなアコウ樹が自生する「対岳楼(たいがくろう)跡」には、江戸時代末から明治にかけて3階建ての建物があり、対岸に雲仙を望む眺めの良さから、全国から多くの文人が訪れていたことが説明されました。

123

デコポンをモチーフにしたオレンジの帽子が

目印のおもてなし隊の皆さん

有明小ガイドの皆さんも
おそろいのコスチュームで準備万端!
市の木「アコウの木」が自生する「対岳楼(たいがくろう)跡」
()


次に、天草・島原一揆の初陣の地となった大島子諏訪神社を訪れました。1637年10月、天草と島原の一揆勢約6千人が集まり、当時天草を治めていた佐賀唐津軍に鉄砲を撃ちかけ、島子の戦いの火ぶたが切られた歴史を、ガイドの皆さんはイラストなどにした資料を見せながら、分かりやすい言葉を工夫して説明していました。 

57111
工夫してまとめた資料で
分かりやすく説明
参加者の皆さんもしっかりと解説に
耳を傾けていました
「ほら!なっとるよ!」アケビの実を発見。
小学生は知ってるかな?

 

そのほか、昔、子どもの歯が痛むとき、大豆を炒って子どもの年の数だけ供えて埋めて「この豆が芽を出すまでは、歯が痛まないように」と祈ったといわれている「歯痛止め観音(如意輪観音)」や、江戸時代、栖本への道と本渡への道のちょうど交差点であった「辻」と呼ばれる十字路に祭られている「石仏様」などをガイド。途中、ぜんざいのおもてなしでおなかを満たしながら、約2時間かけてゆっくり歩きました。

 

141510
石仏様は1792年の雲仙津波の到達点を伝える
石標とも言われています
地元の人しか歩かない
こんな小道も歩きます
温かいぜんざいとコーヒーのおもてなし
201315
ミカン畑の脇を通って海も山も楽しめる気持ちの良いコース地元の人との会話もフットパスの楽しみ

 

島子地区在住でガイドを体験した田中さんは、「地域について学ぶなかで、知らなかった歴史を知ることができた」と話し、フットパスに参加した山下常照さんは「子どもたちがとても良く勉強されていて驚いた。ハキハキと話していて立派だった」とガイドの皆さんの頑張りに関心されたようすでした。有明小学校の森下校長は「今後も地域を学ぶことをとおして、自分たちの地域を自慢できる子どもたちになってほしい」と話していました。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:9959)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.