世界文化遺産「天草の﨑津集落」総合トップへ世界文化遺産「天草の﨑津集落」総合トップへ

天草市 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産「天草の﨑津集落」

天草市 \\filesrv\業務資料2\天草市\H30\問い合わせ保守\20180625_崎津世界遺産登録

背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

重要スポット(3)水方屋敷跡

最終更新日:
 

禁教期に信仰を継続した信仰指導者の家

水方屋敷跡とは、禁教期にも組織的に信仰を継承した指導者の屋敷跡のことです。

禁教令が発布された後、﨑津では宣教師が不在の中でも、コンフラリアの末端組織である「小組」が存続していました。組織の信仰指導者は「水方」と呼ばれ、洗礼や葬送儀礼、日繰りをもとに祭礼を行っていました。水方屋敷跡に建つ現在の家屋には、潜伏キリシタンの信仰対象となったメダイや十字架のほか、アワビやタイラギの貝殻、和鏡や土人形などが保管されています。

※なお、資料の一部は﨑津資料館みなと屋にて展示しています。

 

あわびおら初
あわびの貝殻祈りの言葉「おらしょ」


 ←前のページへ

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2386)
天草市  観光文化部  文化課世界遺産・キリシタン資料館係   〒863-8631   熊本県天草市東浜町8番1号  TEL:0969-32-6784  mail

CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市  観光文化部  文化課世界遺産・キリシタン資料館係

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
TEL:0969-32-6784  mail
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.