天草市総合トップへ

正覚寺キリシタン墓碑群

最終更新日:
正覚寺キリシタン墓碑群
 正覚寺は、寛永14(1637)年に起こった島原・天草一揆後、代官鈴木重成が中華珪法を迎えて正保3(1646)年に創立された曹洞宗の寺院です。
 寺がある上津浦地区は、天草五人衆の1人である上津浦氏の本拠地で、すぐ近くには上津浦城跡があります。天正18(1590)年、上津浦氏は小西行長の進言でキリスト教に改宗しました。今でも、正覚寺の場所にキリシタンの布教活動の拠点となった「南蛮寺(教会)」があったと伝えられています。
 墓碑は昭和60年の本堂解体作業中に発見され、そのうち1基の端部にはIHS(イエズス会の紋章に記された文字)・干十字のほか、慶長11(1606)年の年号や「大つるきんた」(人名)という文字が刻まれています。
 天草には1,000基以上のキリシタン墓碑があったと言われますが、年代と碑銘が明らかなものはこの1基のみで、熊本県のキリシタン史における貴重な資料として、ほか3基と共に県の指定を受けています。
 
■指定区分:県指定
■指定種別:建造物
■指定日:平成5年9月17日
■地域:有明
■所在地:有明町上津浦 正覚寺内
     ※夜間のご観覧はご遠慮ください。
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:1407)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.