天草市総合トップへ

道路に面する危険なブロック塀等の除却などにかかる費用を補助

最終更新日:
 

ブロック塀等耐震化支援事業

ブロック塀が倒れると
 強度不足や老朽化が著しいブロック塀などは、大規模な地震の際に倒壊しやすく二次災害をもたらします。
 そこで、市民の安全を守るため、道路に面する危険なブロック塀などの除却および改修などに係る費用を補助する事業を平成30年10月から開始しました。
 
※補助金の「代理受領制度」が活用できます。
  

1.対象となるブロック塀


ブロック塀の高さ

道路に面するブロック塀などで、次の全てに該当するもの

 ○道路面からの高さが80cm以上のもの

 ○ブロック塀自体の高さが60cm以上のもの

   ○点検表に基づき点検した結果、安全対策が必要と評価されたもの


 

2.補助金交付対象者(次の全てに該当するもの)

 ア 補助事業の対象となるブロック塀などを所有する人(市長が認めるものを含む。)

イ 市税を滞納していない人

 
 

3.補助対象工事・補助額など

A.危険なブロック塀などの除却工事(ブロック塀事自体の高さを40cm以下に低くする工事も含む)

   補助額:工事費用全額

   補助上限額:20万円または撤去するブロック塀等の長さに1万2千円/mを乗じて得た額のいずれか低い方の額

 

B.危険なブロック塀等を除却し、地震に対して安全なブロック塀、金属製フェンスまたは生垣などの設置工事

   補助額:工事費用の1/2

   補助上限額:10万円または撤去するブロック塀等の長さに1万5千円/mを乗じて得た額のいずれか低い方の額

 

※Bは、Aを受けないと補助されません。

※地震に対して安全なブロック塀等の基準は、以下を参照ください。
 

4.申込方法

 着工前に補助要領に基づく補助金申請の手続きが必要です。

 
※手続きの流れの概略

 (申請者)市へ補助金交付申請 → (市)交付決定通知 → (申請者)契約・着工 → (申請者)市へ実績報告書提出 → (市)交付確定通知 →

 (申請者)市へ補助金請求書提出 → (市)補助金支払い

 

5.申請様式

ワード 様式一式(点検表込) 別ウィンドウで開きます(ワード:130キロバイト)
 

ブロック塀等の解体・改修相談窓口(参考)

新たにブロック塀等を設置する場合の注意点

後退用地

 都市計画区域内で幅が4m未満の道路に面する場合は、その道路中心線から水平距離で2m以上離れた位置が道路境界線とみなされることがあります。その場合は、ブロック塀などは、そのみなし道路境界線と道路との間の敷地(後退用地)には設置することができません。

 
 そのような道路に面する場合は、その後退用地を市へ寄付することを条件に、境界線決定のための測量および立ち合いに係る費用の一部に対し補助金を交付(狭あい道路整備事業別ウィンドウで開きます)します。なお、寄付いただいた後退用地は、市が側溝の移設工事および舗装などを行い管理します。 
 
 

沿道緑化モデル事業について

 危険なブロック塀等を除却し、植栽や生垣を設置される場合は、くまもと緑・景観協働機構の「沿道緑化モデル事業(特例事業)」を併用できる場合があります。 当該補助事業の申請窓口は、市都市計画課になりますが、まずは建築課にご相談ください。
 補助額例)植栽に係る費用が20万円かかる場合
  市の補助:10万円 ※設置費20万円×2分の1
  機構による補助:5万円 ※(設置費20万円-市補助10万円)×2分の1

このページに関する
お問い合わせは
(ID:4917)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.