天草市総合トップへ

「地球温暖化」について考えてみませんか

最終更新日:
 最近、新聞でもテレビでも「地球温暖化」という言葉をよく耳にします。
 実際に地球温暖化とはどういった仕組みで起こり、私達の暮らしにどのような影響を与えるのでしょうか。
 これらのことを踏まえ、今、自分に何ができるのか考えるきっかけとしてみてください。
 

1.地球温暖化とは?

 地球は太陽のエネルギーで暖められています。大気中に存在している二酸化炭素(CO2)を始めとする温室効果ガスは、地上から放射された赤外線のエネルギーを吸収し、再び地表に放射する役割を果たしています。
 これにより、地球の平均気温は平均14℃前後に保たれており、生物が住みやすい環境が保たれています。
 しかし、温室効果ガスの量が増加すると、この吸収と再放射の量が増えるため、地球の気温が上昇します。
 この現象を地球温暖化といいます。

 地球温暖化のしくみ
                              【出典:日本ガス協会ウェブサイト(http://www.gas.or.jp/)】

2.温室効果ガスが増えるのはなぜ?

 人間活動によって増加した主な温室効果ガスには、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンガスがあります。
 特に、温室効果ガスの中でも、二酸化炭素は地球温暖化におよぼす影響がもっとも大きなものであり、運輸、製鉄、火力発電、建物の冷暖房などにおける化石燃料の使用により増加しています。
 これからも同じような活動を続けると、2100年には日本の気温は3.5~6.4℃上昇するなど深刻な影響が予測されています。
 

3.地球温暖化の影響

 地球温暖化の進行によって気候が変動すると、自然環境や生態系に対して、重大な影響を与える可能性が高いと考えられています。
 2013年(平成25年)に公表された「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告書によると、地球温暖化は世界へさまざまな影響を与え、日本でも、気温の上昇のほか、海面の上昇、台風の大型化やゲリラ豪雨など異常気象の発生、自然生態系への影響、農作物の減少、熱中症の増加や伝染病・感染症の流行などの健康への影響などが考えられます。
 国際社会のみならず、天草市という地域単位においても、地球温暖化に伴う気候変動の悪影響を回避するため、温室効果ガスの削減に取り組むことが重要です。


4.身近な温暖化対策

 温室効果ガスは、たくさんのエネルギーを消費することで増えています。温室効果ガスを減らすためには、私たち一人ひとりがエネルギーを大切に使うライフスタイルに見直していくことが必要です。
 できるだけ物を大切に使い、不要な物は買わない、不要になってしまったものは再利用やリサイクルをする、電気消費量の少ない製品を使用することや、コンセントを抜く等、節電に努めること。外出時の車の使用を控えて自転車や公共交通機関を利用することや、乗り合わせての移動など。
 私たち一人ひとりが温暖化対策を心がけることで温室効果ガスを抑制することができます。
 
 以下のページに、具体的な取組方法を紹介しています。
・地球温暖化対策のために家庭でできること
・環境家計簿をご利用ください
・「エコドライブ」や「ノーマイカーデー」に取り組みませんか


5.関連情報リンク集

    



このページに関する
お問い合わせは
(ID:6471)
天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

天草市役所

〒863-8631
熊本県天草市東浜町8番1号
Tel:0969-23-1111
【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.