天草市総合トップへ

選挙人名簿への登録と投票方法

最終更新日:

選挙人名簿への登録

 市内に住所がある満18歳以上の日本国民で、選挙人名簿登録の基準日において住民票が作成された日(他の市区町村からの転入者は転入届をした日)から引き続き3カ月以上住民基本台帳に記録されている人は選挙人名簿に登録されます。
 選挙人名簿への登録は、毎年3月、6月、9月、12月(登録月)の2日に定期的に行われるとともに(定時登録)、選挙が行われる場合にも行われます(選挙時登録)。
 

投票方法

1.当日投票
 投票所は市内95カ所となります(投票所は事前に送付する投票所入場券で確認してください)。
 注意:投票日当日は入場券に記載してある投票所のみ投票できます。

2.期日前投票
 投票日当日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務がある人は、選挙の公示(告示)日の翌日から投票日の前日まで期日前投票ができます。
 投票所=天草市役所または各支所(9カ所)。お住まいの地域にかかわらず、どこの期日前投票所でも投票できます。
 投票時間=〔天草市役所〕午前8時30分から午後8時まで〔各支所〕午前8時30分から午後7時まで

3.指定病院等での不在者投票
  •  都道府県選挙管理委員会が指定する病院や施設に入院(所)している人は、病院や施設内で不在者投票ができます。投票を希望される際は、直接入院(所)されている病院や施設へお尋ねください。
  •  注意:不在者投票の請求をされ、病院や施設内で投票を済まされる前に退院(所)されると、投票所において投票できない場合があります。

    4.郵便等による不在者投票
  •  身体障害者手帳または戦傷病者手帳をお持ちの選挙人で次の(1)または(2)に該当する方、介護保険の被保険者証の要介護状態区分が「要介護5」の方が対象で、あらかじめ市選挙管理委員会に申請し「郵便等投票証明書」の交付を受けている方は、郵便等による不在者投票ができます。 
  •  (1)身体障害者手帳に両下肢、体幹、移動機能の障害の程度が1級又は2級である者として記載されている者。身体障害者手帳に心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害の程度が1級又は3級である者として記載されている者。身体障害者手帳に免疫、肝臓の障害の程度が1級から3級である者として記載されている者。

  •  (2)戦傷病者手帳に両下肢、体幹の障害の程度が特別項症から第2項症である者として記載されている者。戦傷病者手帳に心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害の程度が特別項症から第3項症である者として記載されている者。
  •  

     また、郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、かつ、自ら投票の記載をすることができない者として定められた次の(1)または(2)に該当する方は、あらかじめ市選挙管理委員会に届け出た者(選挙権を有する者に限る)に代理で記載させることができます。

          •  (1)身体障害者手帳に上肢又は視覚の障害の程度が1級である者として記載されている者。
            •  (2)戦傷病者手帳に上肢又は視覚の障害の程度が特別項症から第2項症までである者として記載されている者。
               
               「郵便等投票証明書」の交付を受けてない方で、郵便等による不在者投票を希望される方は、早めに天草市選挙管理委員会へご相談ください。

              5.滞在地での不在者投票
  •  選挙の期間中に仕事や旅行などで市外に滞在している方は、滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票ができます。
  •  なお、この方法による投票は郵送でのやりとりとなりますので、日数に余裕をもって早めに手続きをしてください。
     
  • ★投票までの手順
  • (1)不在者投票請求書兼宣誓書に必要事項を記入して、天草市選挙管理委員会へ直接または郵便で提出(ファックスや電子メールは不可)してください。
    ・様式については、選挙期間中にホームページよりダウンロードするか、滞在先の市区町村選挙管理委員会の様式をご利用ください。
    ・提出はご家族の方などの持参でも構いませんが、書面は必ず本人が自書してください。
     
    (2)天草市選挙管理委員会より、選挙人の滞在先へ投票用紙など必要書類を郵送します。
     
    (3)届いた書類を持って滞在先の市区町村選挙管理委員会で投票を行います。
    注意:自宅で投票用紙に記入したり、不在者投票証明書の封筒を開封したりすると、不在者投票が出来なくなります。
     
    (4)滞在先の市区町村選挙管理委員会より、天草市選挙管理委員会へ投票用紙が郵送されます。

    6.在外投票
  •  仕事や留学などで海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは、日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証を持っている人です。在外選挙人名簿への登録方法や、投票用紙の請求など、詳しくは管轄する在外公館(大使館、総領事館など)の窓口へお問い合わせください。
  •  なお、天草市の在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証をお持ちの方で、選挙期間中に一時的に帰国されている場合は、天草市の指定する投票所において投票(当日・期日前投票)することができます。
  •  

    担当部署

    本庁:本庁・選挙管理委員会事務局
     

    めいすいくん

     



     
    このページに関する
    お問い合わせは
    (ID:2103)
    天草市役所 〒863-8631  熊本県天草市東浜町8番1号   Tel:0969-23-1111   Fax:0969-24-3501  
    【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.

    天草市役所

    〒863-8631
    熊本県天草市東浜町8番1号
    Tel:0969-23-1111
    【開庁時間】 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    CopyRights 2016 city amakusa Allrights Reserved.